不法侵入を防ぐ|防犯砂利を敷く方法を解説します

必須となる除草シート

一軒家

シートと砂利の敷き方

勝手口付近などに防犯砂利を敷いておけば、不審者の侵入を防ぐ効果が期待出来ます。泥棒などの不審者は、周囲に気づかれにくい場所から、侵入するケースがほとんどです。普段、人気や人目が少ない場所に防犯砂利を敷いておけば、侵入者が踏むと邪知と砂利とがこすれ合い、大きな音を発生させ撃退出来る可能性があります。手軽な防犯対策として、防犯砂利を選ぶ方は少なくありません。防犯砂利はいくなり土の上に敷くのではなく、除草シートの上に敷くようにしましょう。何もせず土の上に敷いてしまうと、雑草が伸びてきてしまい防犯効果が落ちてしまうのです。除草シートを敷いておけば、雑草が生えるをの予防出来ます。まずは防犯砂利を敷く場所に生えている、雑草を除草しましょう。除草し終わったら土を平らにならしておきます。この上から除草シートを敷くのですが、シートがたわんでしまうと隙間から雑草が生えるので注意が必要です。除草シートはたわみが無いように敷いて、風でめくれないようにピンで固定します。必要な分だけシートはカットして、使用しましょう。除草シートの上に防犯砂利を敷くのですが、防犯砂利の高さが3センチから5センチ程度になるよう、高さを出すのがコツです。砂利の性質上、人が歩くと砂利は端へ端へと追いやられてしまいます。すると、除草シートが丸見えになってしまうのです。特に人が歩く機会が多い場所は、防犯砂利を高めに敷く工夫が必要となります。インターネット上には除草シートや、防犯砂利の敷き方をレクチャーしている動画もあるので、チェックしてみてはいかがでしょう。