不法侵入を防ぐ|防犯砂利を敷く方法を解説します

家の安全を守るアイテム

泥棒

マンションに住まう場合には防犯鍵や防犯カメラ、モニター付きインターフォン、管理人の存在などによって不審者から防犯的にも守られているものです。戸建て住宅はその点防犯面は自己責任で行わなければなりません。対策としては防犯ガラスや玄関における予備のキーの設置、センサーライトの設置や、さらには防犯ビデオカメラを設置するといった方法があります。エクステリアの計画においてはオープンスタイルとクローズドスタイル、その中間のスタイルといったものがあり、周囲の環境とか敷地の広さ、あるいは個人的な考え方で使い分けることが出来ます。なるべくなら死角になるようなところを作らず、不審者は周辺からも確認できるような計画が望ましいとされます。又、防犯用に多くの費用を費やすというのも不経済なものでなるべく費用を使わない方法が望ましいものです。ダミーの防犯カメラというものもありますが、プロにとっては見破られる可能性もあります。住宅の周囲にスキとなるような足場や木陰のようなものを設置しないように気をつけましょう。また、防犯砂利のようなものを敷き詰めていると、夜間にも不審者が近づくとその足を踏みしめる音で気がつくということもあります。又、不審者にとっても恐怖感から犯罪の抑止効果を持つことになります。防犯砂利は他の方法に比べて比較的安上がりの防犯対策になります。防犯砂利と共に留守にする場合には一部の照明器具をタイマー式に切り替えるという方法もとれます。これは外部からも留守ではないことを知らせる効果を持ちます。防犯砂利は雑草が生えてこないように除草シートを敷くなど工夫して効果のある場所へ敷くことが大切です。