正規ディーラーで車を買って楽しいカーライフを

販売店のメリット・デメリット

販売店とは

販売店とは、個人経営の会社や民間の会社が車を販売しているところになります。
また、サブディーラーとも言われています。
正規ディーラーはメーカーのみの取扱になりますが、販売店は様々なメーカーを取り扱うことができます。
新車などの仕入れに関しては、ディーラーを通してからの販売となります。
価格などは、比較的安く設定されているところが多く、業者から業者価格で仕入れているため安く販売することができるのです。
しかし、お店によってはサービスなどに差があります。
正規ディーラーほどのしっかりとした対応もしてくれないお店があるのが現実です。
購入する際は、何を基準に購入するかで変わってきますが、価格だけを選ぶのであれば、販売店を強くおすすめします。

販売店のデメリット

販売店のデメリットとしていくつかあります。
正規ディーラーに対して、販売店は保証の面で少し劣る部分があります。
距離などで保証も変わることもあり、保証の期間も短いものもあるようです。
また、悪質な業者も存在しています。
一見、悪質な業者を見抜くことはそう簡単ではありません。
口コミなどで判断できる部分があるかもしれませんが、難しいところです。
全ての販売店に当てはまるわけではないですが、悪質な業者から車を買った場合、買ってから後悔してしまう可能性があるのです。
安く購入できたりする分、注意しなければいけないことが沢山あるのです。
購入する際は、まずはしっかりとした業者か話をしっかり聞き、インターネットで確認してください。


この記事をシェアする